コンビニからドローン配送 ローソンと楽天が福島で国内初の実験開始

 ローソンと楽天は31日、東京電力福島第1原発事故で一部地域に出ていた避難指示が昨年7月に解除された福島県南相馬市で、移動販売車から発注を受けた商品をコンビニからドローンで配送する国内初の実験を始める。高齢化が進む地域で買い物の利便性向上を狙う。半年間実験を続け、実現へ向けた課題を探る方針だ。

 移動販売車はローソン南相馬小高店を拠点に巡回。販売車にない商品の注文を受けた場合、店舗に連絡して楽天のドローンで販売車まで届ける仕組みだ。

 ドローンは縦横20センチ、高さ15センチ、重さ約2キロまでの商品を積める。車の設備上、積み込めない人気商品「からあげクン」などの販売も可能になる。

 南相馬市の旧避難指示区域では、居住者の約半数を65歳以上の高齢者が占める。交通手段がない人も多く、対策が急務となっている。