空き駐車場マッチング、3年で会員50万人 akippa・金谷元気社長 (1/3ページ)


【拡大】

 契約されていない月極駐車場やマンションなどの空き駐車場を、15分単位でウェブ上で予約、決済ができるサービスのakippa(アキッパ)。サービス開始3年で、登録駐車場件数は大手コインパーキングをしのぐ約1万2000カ所(7月時点)に成長した。金谷元気社長に今後の展開を聞いた。

 ◆社会問題解決に貢献

 --アキッパを始めた経緯は

 「もともとはウオーターサーバーやインターネット契約などを代行する営業会社を経営していた。経営は順調だったが、そのうち自分たちのビジネスが『世の中になくてはならないものだろうか』と悩むようになった。社員30人でアイデアを出し合ったときに、ある女性社員から『利用したいときにコインパーキングが満車で困ることがある』との意見が出され、ビジネスにできるのではと考えた」

 --新規事業への取り組みは順調にいったのか

 「いろいろ調べると、路上駐車が東京や大阪で問題になっている一方で、利用されていない空き駐車場が多くあることなどが分かり、それらをマッチングできれば、社会問題の解決につながると確信した。ただ、社内では疑問の声も根強かった。そこで、説得のためにと応募したベンチャー企業向けコンテストで優勝したことで、社名もアキッパに変えて取り組むことにした。優勝をきっかけに大手企業から優秀な人材を獲得し、事業を前進させることができた」

 --提携する駐車場数が大手コインパーキングをしのぐまでに急拡大している

 「利用できる駐車場が増えることで利用者も比例して増加するため、スピード感をもって事業を進めることができた。1カ月の利用者は前年比で4倍くらいで、年内に会員ドライバー数が50万人に達する見通しだ。現在は東京と大阪が中心だが、他の都市にも広げていきたい」