キヤノン、保育IT化を支援 新潟の開発会社と連携

 キヤノンのグループ企業が新潟市のシステム開発会社と連携し、人手不足に悩む保育所や幼稚園のIT化支援を強化している。保育士らの多くが手書きしている連絡帳や日誌をパソコンで簡単に作成できるようにし、子供と接する時間を増やしてもらう狙いだ。

 キヤノンシステムアンドサポート(東京)が新サービス「ぎゅっとなび」として始めた。主力の事務機の市場が成熟し、今後の成長に向け顧客の課題にさらに応えようとしたことがきっかけだ。

 連携したテクノクラフト(新潟市)は情報処理専門学校の研究所を母体とする。ゴルフ業界では著名な企業で、コースの情報やコンペの順位を伝える「カートナビ」というIT端末で国内最大手だ。多角化の一環で関連法人が営む認定こども園の現場の声を聞き、延長保育料の精算や出欠管理に使うシステムを開発してきた。

 ぎゅっとなびは、インターネット上で処理するクラウドで情報を管理し、ITが苦手な人でも分かりやすい仕様にしたという。

 保護者もスマートフォンから連絡帳に子供の健康状態を記入したり、行事予定を確認したりできる。ID100件分で初期費用が1万800円、年間利用料は8万5536円。政府のIT導入補助の対象となる。