「子供が騒音」…開園延期や訴訟に 新設保育園、トラブル相次ぐ (1/4ページ)

2015.9.13 07:23

近隣住民と訴訟に発展した保育園。園庭と民家の境界には、防音壁が設置されている=東京都練馬区

近隣住民と訴訟に発展した保育園。園庭と民家の境界には、防音壁が設置されている=東京都練馬区【拡大】

  • 保育園建設に反対していた民家に立てかけられた看板。園への苦情が記されている=東京都中野区(画像を一部加工しています)

 共働き家庭の増加とともに都心部などで保育園の新設が相次ぎ、周辺住民とトラブルになるケースが後を絶たない。「騒がしい」など従来の静かな環境を維持したい地域住民らの苦情を受けて開園を延期したり、「平穏な日常生活が侵害された」として、開園後に訴訟に発展したりするケースもある。「子供の声は騒音なのか」をめぐる議論は各地に広がり、波紋を呼んでいる。(中井なつみ)

 東京都目黒区で今年4月、一部の周辺住民の反対により、認可保育園の開園が延期となった。今も開園のめどは立っていない。

 「静かな住宅街を守りたい」と主張する高齢者ら周辺住民のために園は、遮音フェンスを付ける▽窓は二重サッシにして防音を強化する▽送り迎えに利用できる道路を限定する-などと提案。しかし、合意に至らず、運営予定会社の担当者は「騒音への配慮はするが、保育園は(子供が通いやすい)住宅地にこそ必要な施設なのですが…」と困惑する。

高さ3メートルの防音壁を約60メートルにわたり設置

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。