「モルダーが大喜びしそうな文書」 CIAが調査文書の機密指定を解除

2016.1.31 08:06

 米中央情報局(CIA)は21日に、地球外生命体が存在する可能性に関する調査文書の機密指定を解除したとホームページで発表した。公表された文書の数は数百に上り、これらは1940年代後半から50年代前半にかけて複数の未確認飛行物体(UFO)が報告された件について1978年に行った調査により作成された。

 CIAは資料の中から特に興味深いものを、海外ドラマ「X-ファイル」の登場人物にかけて「モルダーが大喜びしそうな文書トップ5」、「スカリーが大喜びしそうな文書トップ5」という形で紹介している。これらは地球外生命体の存在肯定派のモルダーと、懐疑派のスカリーの主張を裏付ける内容に分かれている。

 また、当時アメリカと対立を深めていた旧ソ連の脅威に関する記述も見られる。

 資料では「空飛ぶ円盤の調査方法」についての説明もある。「1、調査と目撃の評価のためにグループを作る」「2、調査の目標を定める」「3、専門家に助言を求める」「4、情報の整理のためにレポートシステムを作る」「5、誤検知を取り除く」などだ。

 残念ながら政府と地球外生命体とのコンタクトがあったかについては記されていない。(高原大観)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。