『シン・ゴジラ』『君の名は。』… 今年の大ヒット映画に共通した“売れる法則” (1/3ページ)

2016.12.17 16:09

映画「君の名は。」の1シーン
映画「君の名は。」の1シーン【拡大】

 今年は、庵野秀明総監督の『シン・ゴジラ』、そして新海誠監督の『君の名は。』という2つの邦画が多くの観客を集めた。これらの作品の大ヒットによって、映画の力が改めて注目されるとともに、「ヒット」が社会を動かし、経済を活性化するという当たり前の事実が再認識された。

 ヒットは、どのようにして生まれるのか。

 ハリウッド映画などでは、「このように作ればヒットする」という経験則があり、実際にそのようなパターンに沿って脚本が作られたりするという。「脚本はこう書け」という教科書が存在したりする。

 もし、ある法則に従ってものづくりをすれば必ずヒットするのであれば、世の中にはもっとヒット商品があふれていそうなものだが、そうでないのは、物事がそれほど単純ではないということを示している。

 なぜ、ヒット作の法則を見出し、事前に予想することが難しいのか。根本的な原因は、「ヒット」の背景に、人間の脳に「新奇性選好」という性質があるからだと考えられる。

 人間は、今までに見たことがないもの、「新奇性」があるものを好む。生まれて初めて見るものに対して、脳のドーパミンなどの報酬系は特に強く活動する。ヒット作の背後には必ず、この「今までに経験したことがない」という要素が存在する。

ヒットに必要な要素

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。