【高論卓説】正露丸やBMWの“あの音”が持つ重要な役割 「音商標」でCM音初登録 (1/2ページ)

BMWのオフィシャル動画(キャプチャ)
BMWのオフィシャル動画(キャプチャ)【拡大】

 特許庁より先月26日、「音楽的要素のみからなる音商標について初の登録を行いました」という発表があった。

 具体的には、(1)ラッパのマークの正露丸(2)インテル(3)BMW-などのコマーシャルの際に流れるあの音楽などである。これら3件の音楽が登録された。音楽は特許庁のリンク先で聞くことができる。https://www.jpo.go.jp/seido/s_shouhyou/otoshouhyou-hatsutouroku.htm

 勘違いする人も多いかもしれないが、既に音商標の一部については登録になっており、今回の登録も含めると、9月19日時点では、既に172件の音商標が登録されている。では何が違うのかというと、これまでに、例えば、久光製薬の「ひ・さ・み・つ♪」や小林製薬の「ブルーレット・おくだけ♪」などが登録になっているが、これらは音楽と言語的要素が組み合わさっている。今回登録になったのは、あくまでも「音楽的要素のみからなる音商標」である。音楽的要素とは「メロディー、ハーモニー、リズム又はテンポ、音色など」で、今回登録になったのは言語的要素がない音楽的要素だけのものである。

 以前は、文字、図形、記号又は立体形状か、あるいは、これらの組み合わせしか商標権の対象とはならなかった。しかし、2015年4月に施行された改正商標法では、時代の変化や諸外国の制度に合わせる形で、「音商標」「動き商標」「ホログラム商標」「色彩のみからなる商標」「位置商標」といった商標も一定の要件を満たせば登録されることになった。

「あの音ね」が登録に必要