【局アナnet】検索2位で脚光、枝豆の里・野田 沢野有希

2014.8.16 15:00

沢野有希アナ

沢野有希アナ【拡大】

  • 野田市産えだまめは、枝付きで出荷されるのが主流
  • 名残りの夏枝豆の収穫

 インターネット検索グーグルの「海外で検索された和食キーワードランキング」で、すしに次ぎ第2位に輝いた枝豆。ラーメン、刺し身、天ぷらなどを上回り、一躍脚光を浴びました。

 その枝豆で忘れてほしくないのが千葉県野田市です。市町村別出荷量ではトップ3の常連、2002年度には全国1位になりました。ほとんどが枝付き、手作業による袋詰めで出荷されます。

 温暖な気候を生かして旬が他の産地より1~2カ月早く、夏枝豆だとハウス栽培がGW明け、路地ものは5月中旬から6月です。ふっくらとした味わいでリピーターが多く、東京の市場では競り前に買い手がつくほどです。

 今夏は「農産物直売所ゆめあぐり野田」(http://www.yumeaguri-noda.com/)店頭で2万5千袋以上を売りました。また5年前から野田市と近隣計5市110の郵便局で旬の「野田市特産えだまめ」の全国向けのカタログ販売を実施。今夏は4053袋の注文を受注しました。

 最近は9月の彼岸頃から11月に旬を迎える秋枝豆の生産も本格化しています。秋の昼と夜の気温差で甘みたっぷり。10月に開かれるゴルフの日本オープンでの試食販売を予定するなど、秋枝豆の産地としても認知度を高める戦略です。

<プロフィル>

 さわの・ゆき bayfm情報アナウンサー。トレイルランニング歴10年目に突入。大会MC等での活動も拡大中。

 局アナnetはテレビ局やラジオ局に「局アナ」経験を持つアナウンサーのみが登録できる日本初の会員組織。転職支援やキャリアアップのコンサルティングサービスを行っています。関連サイト(http://lt-j.com/)では、関連動画がごらんになれます。

 ★通販サイト向けサービス「局アナnetリポート動画」(http://www.kyokuana.net/)をスタートしました。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。