【局アナnet】酪農の街はヨーグルトで乾杯! 牟田祥子

2014.12.20 15:00

牟田祥子アナ

牟田祥子アナ【拡大】

  • 「空のえきそ・ら・ら」で開かれたヨーグルト乾杯セレモニー(小美玉市提供)
  • 小美玉市産ヨーグルト。乾杯条例で市を元気に
  • 小美玉市の生乳生産量は茨城県の2割

 茨城県中南部の小美玉(おみたま)市は生乳生産量が約3万4千トン。県内生産量の2割を占めています。そんな酪農の町で「乳製品で乾杯を!」という条例が制定されました。市内でのパーティーや会食などでは乾杯の際には牛乳やヨーグルトなどの乳製品を使おうというものです。

 今年6月、美野里酪農業協同組合の朝倉実行・組合長が市に提出した陳情書がきっかけです。組合に加盟する市内の酪農家を応援し、乳製品の積極的な摂取で市民の健康づくりに一役買いたいとの思いからです。さっそく条例案が作られ、12月の市議会で可決されました。

 「乳製品で乾杯」の普及活動はすでに行われています。陳情直後の7月、茨城空港近くにある同市の「空のえき そ・ら・ら」ではヨーグルト乾杯セレモニーが行われ、9月には市内の男女400人が集まった合コンでもヨーグルト乾杯が採用されました。今後は市内の約60の飲食店の協力を得て、さらに広げていく予定です。

 朝倉さんは「お酒の前にまず1杯のヨーグルトで、健康増進に役立てて」と話します。飲酒前の乳製品の摂取は悪酔い防止になるともいいます。忘年会や新年会の季節、あちこちでヨーグルトを手にした「乾杯!」の声が響きそうです。

<プロフィル>

 むた・あきこ 元NHK(水戸・首都圏)リポーター。現在茨城県内を中心にフリーアナウンサーとして活動中。

 局アナnetはテレビ局やラジオ局に「局アナ」経験を持つアナウンサーのみが登録できる日本初の会員組織。転職支援やキャリアアップのコンサルティングサービスを行っています。関連サイト(http://lt-j.com/)では、関連動画がごらんになれます。

 ★通販サイト向けサービス「局アナnetリポート動画」(http://www.kyokuana.net/)をスタートしました。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。