「格安スマホ」 シニア、主婦に人気 ガラケーから気楽に切り替え (1/5ページ)

2015.3.15 17:09

格安スマホの費用

格安スマホの費用【拡大】

 携帯電話会社から回線を借りることで通信料金を安くしたスマートフォン「格安スマホ」が注目を集めている。昨年から大手スーパーや家電量販店などが取り扱いを始め、使い方次第ではNTTドコモなど携帯電話会社より月々の支払いが安くなると人気だ。(村島有紀)

 多業種から参入

 スーパー大手のイオン(千葉市美浜区)は昨年4月、スマートフォン「イオンスマホ」を8千台限定で発売した。価格は税抜きで端末機器代込み月額2980円。約1カ月で完売した。昨年12月には4機種目を導入。安さが魅力で、従来型の携帯電話(ガラパゴス携帯=ガラケー)から切り替えるシニアや主婦が増えている。

 販売を手掛けたイオンリテールのデジタル事業開発部商品部、河野充宏部長は「初めてスマホを使う人が多い。ガラケーと比べ高額になる通信料金に二の足を踏んでいた層に受け入れられた。携帯電話会社のような2年契約の縛りを設けず、いつでも解約できるので、気軽に切り替える人が増えた」と分析する。

多業種から参入が相次ぎ、サービスの内容も多彩

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。