「同一労働・賃金」実現に依然障害多く 経済界、賛同も本音は困惑 (1/2ページ)

2016.2.25 07:50

首相官邸で開かれた1億総活躍国民会議=23日午後

首相官邸で開かれた1億総活躍国民会議=23日午後【拡大】

 安倍晋三首相が正規・非正規の雇用形態にかかわらず、同じ仕事には同じ賃金を支払う「同一労働同一賃金」の実現を表明した。これに対し経団連の榊原定征会長が「経済界として賛同する」考えを示した。雇用制度の大幅な見直しが必要になるため、現実的ではないとしてきた経済界としては大きな方針転換だ。「首相のリーダーシップ」を重視した賛同表明だが、制度の見直しは手が着いておらず、実現に向けた障害は依然多いままだ。

 23日夕、首相官邸で行われた1億総活躍国民会議終了後、榊原氏は記者団に対し「同一労働同一賃金について、首相は日本企業の賃金形態とか、雇用慣行の実態を十分踏まえた上で検討を進めたいといった話をされ、私どもと基本的には軌を一にしている」と語り、共同歩調をとるスタンスを明確にした。

 経団連はこれまで、同一労働同一賃金について時期尚早との立場を示し否定的だった。「将来のマネジメントを考え、さまざまな業務を経験させるが、その上で担当させる社員を同じ業務の派遣社員の賃金と同じにすることはできないし、労働組合も反対する」(ある経団連副会長)といった声が圧倒的だ。

 企業にとって総人件費の上昇につながる懸念も強く、日本商工会議所(日商)の三村明夫会頭も「経営者にとってはマイナス」と同一労働同一賃金には消極的だった。

 背景には、日本型の雇用・労働慣行がある。同じ仕事にみえても働く人の経験や技術力は異なるのが実情。正規雇用では、年齢とともに賃金も上がる年功序列型に組み込まれているのが一般的だ。賛同を表明した経済界でも「日本型の慣行に手をつけてまで同一労働同一賃金を実現することは想定していない」(経済団体首脳)のが本音だ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。