RSウイルス、東京で感染過去最多に 異例の大流行で1番荒川区、次に八王子市 (1/2ページ)

 乳幼児に肺炎などを引き起こす「RSウイルス感染症」の東京都内の週ごとの定点医療機関あたりの患者報告数が過去最多の3・18人に到達したことが10日、東京都の集計で分かった。すでに流行期に入っているとみられ、国立感染症研究所なども注意を呼びかけている。

 都感染症情報センターによると、3日までの1週間の患者報告数は820人。都内264ある定点医療機関(小児科)あたりの報告数は前週比27%増の3・18人で、調査を開始した平成15年以降では最も多かった。例年9月ごろから増加する患者数が今年は7月10日から増えており、依然増加傾向だ。

 保健所別では、荒川区が9・50人で最も多い。さらに八王子市(8・73人)、台東(7・00人)、墨田区(5・80人)、多摩小平(4・73人)、南多摩(4・67人)、池袋(4・50人)、新宿区(4・43人)、世田谷(4・25人)、目黒区(4・00人)、江東区(3・63人)、中野区(3・50人)、大田区(3・33人)と続く。最少は葛飾区(0・88人)。

 国立感染症研究所によると、8月27日までの1週間の全国の患者報告数は昨年同時期(1632人)の約4倍にあたる6601人で、過去10年間の同時期と比べても最多。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。