サイトマップ RSS

【中野友加里のスケーターたちの素顔】若手引っぱる大ちゃんの背中 (1/4ページ)

2014.2.12 17:45

  • 2014年ソチ冬季五輪会場。競技は、ロシア・ソチの市街地から約40キロ南東にある黒海沿岸の「アドレル」と、アドレルから約45キロ離れた山岳地域の会場「クラースナヤ・パリャーナ」の2カ所で実施。(C)Google
  • ロシア・ソチ市と、クラスノダール地方
  • 元フィギュアスケート選手で、フジテレビ職員の中野友加里(ゆかり)さん=2010年9月18日(本人提供)

 いまや日本男子フィギュアのエースと呼ばれるようになった高橋大輔選手(27)=関大大学院=との出会いは、2人ともまだ小学生だった10歳か11歳のときでした。

 大ちゃんとは同級生で、最近取材したとき、当時の私のことを覚えてくれていました。2人ともジュニアのさらに下のノービスの大会に出ていたころからの付き合いです。初めて一緒に行った遠征は今でも記憶に残っています。中学1年のときにスロベニアで行われた国際大会「トリグラフトロフィー」。春に開かれるこの大会に派遣されることは、当時のノービス世代の目標でもあったのです。

 第一印象の大ちゃんはすごくシャイで、私が話しかけると、「えっ、俺に話しかけているの」っていう感じで、オドオドしていました。

 そんな大ちゃんが、当時も今も少しも変わっていないのは、とにかく踊ることが大好きなところです。音楽がかかったらどこでも踊り出す男の子でした。人のまねもすごく得意で、スロベニアの大会での私の振り付けを今でも「友加里のこの振り付け好きやねん」と、踊ってくれたりします。スケーターにとって、見たままを模倣して踊るというのは、一つの才能でもあるのですが、大ちゃんはまねする力がすごく抜群でした。

「強くなった」実感

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ