サイトマップ RSS

ベトナム 妊産婦・新生児支援 元気な赤ちゃん 笑顔が見たい (1/4ページ)

2015.4.13 15:20

子供の誕生を喜ぶ若いお父さんとお母さん=2014年12月19日、ベトナム・ディエンビエン省(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)

子供の誕生を喜ぶ若いお父さんとお母さん=2014年12月19日、ベトナム・ディエンビエン省(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)【拡大】

  • 事業を実施しているディエンビエン省は山岳地帯にある=2014年9月19日、ベトナム(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • 助産師による啓発活動の様子=2014年9月16日、ベトナム・ディエンビエン省(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • ワールド・ビジョン・ジャパンが行う啓発活動に参加するお母さんと子供たち=2013年12月6日、ベトナム・ディエンビエン省(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • 村落出産介助者の研修=2014年10月14日、ベトナム・ディエンビエン省(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • 妊産婦・新生児の健康改善事業の一環で建設した分娩室=2014年10月16日、ベトナム・ディエンビエン省(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • ワールド・ビジョン・ジャパンの木戸梨紗さん(中央)=2014年10月14日(ワールド・ビジョン・ジャパン提供)
  • ベトナム・ディエンビエン省
  • ワールド・ビジョン・ジャパン(WVJ)__キリスト教精神に基づいて開発援助、緊急人道支援、アドボカシー(市民社会や政府への働きかけ)を行う国際NGO。子供たちとその家族、そして彼らが暮らす地域社会とともに、貧困と不公正を克服する活動を行っている。http://www.worldvision.jp/

 「無事に産めるまで、毎日が不安です」。インタビューでうつむきながらこう語っていたあの女性は、今頃どうしているだろうか。

 2010年10月、事業の事前調査のためにベトナムの北西部に位置するディエンビエン省のある村で当時23歳の女性に聞き取り調査を行った。この山岳地域は人口の大多数をモン族やターイ族などの少数民族が占め、ベトナム58省の中でも最も貧困率の高い地域の一つである。彼女は妊娠5カ月だった。

 この地域に住む多くの少数民族の女性と同じく、彼女も小学校を中退しているためベトナム語を話すことができない。モン族のスタッフがモン族の言葉からベトナム語へ、キン族(越人)のスタッフがベトナム語から英語に訳したインタビューで、女性には4歳の長女がおり、今回が4回目の妊娠で、2回目と3回目の妊娠では自宅で死産となったことを知った。

 1986年のドイモイ(刷新)政策の導入以降、高い経済成長を経たベトナムは、2008年に低位中所得国になった。しかし都市部と農村部の格差は広がっており、「2015年までに妊産婦の死亡率を1990年の水準の4分の1に引き下げる」という国際社会の目標達成も危ぶまれている。こうした状況を受けて、ワールド・ビジョン・ジャパン(WVJ)は2012年12月から外務省の日本NGO連携無償資金協力と一般の方々からの募金により、この地域で妊産婦・新生児の健康改善事業を行っている。

できることから着実に 住民と「発展」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ