サイトマップ RSS

トスカに初挑戦 「今できうる限りの最良のものを」 ソプラノ、佐藤康子さんインタビュー (1/4ページ)

2016.1.13 13:30

「トスカ」に初挑戦するソプラノ歌手、佐藤康子さん(提供写真)。(c)Yoshinobu_Fukaya

「トスカ」に初挑戦するソプラノ歌手、佐藤康子さん(提供写真)。(c)Yoshinobu_Fukaya【拡大】

 佐藤康子は、イタリアを中心に活躍しているプリマドンナ。今月末、藤原歌劇団公演でプッチーニの代表作、歌劇「トスカ」のタイトルロール(主役)を初めて歌う。「緊張で足が震えています」と話す。

 奨学金得てイタリアへ

 東京芸術大学を卒業し、この大学の修士課程在学中の2005年にイタリア・スポレート実験歌劇場と東京室内歌劇場の共同制作公演で、ベルディの歌劇「オベルト、またはサンボニファーチョ伯爵」でレオノーラを歌ったのが、イタリアデビューとなった。

 「素晴らしい体験でした。日本人はまじめで何事も一生懸命にします。一方、イタリア人は気が抜けていて時間にもルーズだし、一見ふざけているようですが、緩さを保ちながら心地良い音楽を築いていき、本番に伸び伸びとしていながらハリのある音楽を聴かせます。この自由さを勉強したいと思いました」

「彼らは機械的に歌わずしゃべるように歌います」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ