東京ゲームショウ開幕 盛り上がる会場、PS4やパズドラ3DS版など出品 (1/2ページ)

2013.9.19 11:42

  • 多くの入場者で賑わう「東京ゲームショウ2013」。スマホで使える「モンスターハンタースマート」のブースには行列が=19日午前、千葉市の幕張メッセ(小野淳一撮影)
  • 国内で初めて公開されたソニーの「プレイステーション4」では、多くの人たちが写真撮影をしていた=19日午前、千葉市の幕張メッセ(小野淳一撮影)
  • 国内で初めて公開されたソニーの「プレイステーション4」の体験コーナーは行列ができるほどの人気ぶり=19日午前、千葉市の幕張メッセ(小野淳一撮影)
  • 初日から多くの入場者で賑わう「東京ゲームショウ2013」=19日午前、千葉市の幕張メッセ(小野淳一撮影)
  • 多くの入場者で賑わう「東京ゲームショウ2013」=19日午前、千葉市の幕張メッセ(小野淳一撮影)
  • カプコンの「戦国BASARA4」の体験コーナー=19日午前、千葉市の幕張メッセ(小野淳一撮影)


 世界最大規模の家庭用ゲームの展示会「東京ゲームショウ2013」が19日午前、千葉市の幕張メッセで開幕した。今年は過去最多の33カ国・地域から、352社・団体が出展。海外メディアの姿も多く、会場は開幕と同時に盛り上がりを見せた。

 新型ゲーム機のほか、スマートフォン(高機能携帯電話)やパソコンなど、さまざまなプラットフォームに対応したゲームタイトルが出品された。

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)のアンドリュー・ハウス社長は基調講演で、米国などで11月に先行発売する据え置き型の新型ゲーム機「プレイステーション(PS)4」について、「コアユーザーの期待に応えることはPSのDNA」とした上で、「ゲーム以外のコンテンツも充実させ、家族で楽しめるゲームを提供することが家庭用ゲーム機市場の発展につながる」と述べ、新たなユーザーを取り込んでいる考えを強調した。全世界での販売目標を今年度500万台としたことも明らかにした。

PS4の実物も多数展示された

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。