インド地場スマホ、サムスン牙城崩す 手頃な値段でシェア拡大 (1/2ページ)

2013.10.2 06:15

 インドの地場携帯電話メーカー各社が同国スマートフォン(高機能携帯電話)市場でサムスン電子の牙城を切り崩している。手頃な価格を武器に旺盛な需要を取り込み、シェアを着実に伸ばしている。現地紙ビジネス・ラインなどが報じた。

 米調査会社IDCによると、今年第1四半期(1~3月期)の同国スマホ市場でのサムスン電子のシェアは32.7%だったが、第2四半期(4~6月期)は26%に落ち込んだ。

 一方、地場携帯メーカーのマイクロマックスは、第1四半期の18.8%から、第2四半期は22%とシェアを拡大。カルボン、ラヴァなども含む地場携帯メーカー各社がスマホでシェアの半数以上を占めるまでになった。

 地場メーカー台頭の背景には、中国製部品を使用することで安価なスマホを次々と発売するようになったことが大きく影響している。

自社での製品開発費を抑えて価格競争に臨む方針だ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。