タイで金取引が急増 政府、不正防止へ業者登録制を検討 (1/2ページ)

2013.10.29 05:00

 タイで金の取引や輸入が急増し、政府、中央銀行が対策に動き出した。取扱業者の登録制度や先物取引規制などを導入し、不正や投機的な取引を防ぎたい考えだ。現地紙バンコク・ポストなどが報じた。

 国際的に金の調査などを行う英ワールド・ゴールド・カウンシルによると、今年第2四半期(4~6月期)のタイの消費者向け金の需要は前年同期比で58%増加し、アジアではベトナムを抜いてインド、中国に続く3位の規模となった。

 需要増で金輸入も増えている。タイ中銀によると、今年1~7月の輸入額は108億5863万ドル(約1兆590億円)で昨年1年間の123億7860万ドルの約9割に達しており、総輸入額に占める割合は8.2%と昨年の5.6%を上回った。

 取引増の一因となっているのは通貨安。金は国際市場ではドル、タイ市場ではバーツで取引されるため、為替相場の変動を利用した投機的な取引が増えているもようだ。

消費者が不正に巻き込まれるケースも続出

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。