「法人税の逆説」欧州での成功例を提示 税率引き下げへ道筋 (1/2ページ)

2014.2.18 06:39

 政府の経済財政諮問会議(議長・安倍晋三首相)の民間議員が、法人税の税率を引き下げたにもかかわらず税収が増加したドイツや英国など欧州数カ国の事例を分析した提言を出すことが17日、分かった。税率を下げることで中長期的に企業活動がどのように活性化し、増収を達成したかの成功例が示される見通しだ。6月に改訂される新成長戦略の目玉となる法人税率引き下げの具体的な道筋を示し、早期の議論を促す狙いがある。20日の諮問会議に提出される。

 法人税率引き下げにもかかわらず税収が増加する現象は「法人税のパラドックス(逆説)」と言われる。経済産業省によると、欧州主要15カ国の法人税率の平均は1998年の36.9%から2007年に28.7%に引き下げられたが、名目国内総生産(GDP)に占める法人税収は2.9%から3.2%へと増えた。法人税の負担が軽くなったため企業の国際競争力が回復し、業績改善につながったためだ。

 日本の法人税の実効税率は、東京都の場合で35.64%。30%前後のドイツやフランス、25%の中国、24.2%の韓国などに比べて高く、経団連など経済界は引き下げを求めている。

法人税の逆説が発生する要因として3点を指摘

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!