検察の体面維持に5000万円 旅客船沈没事故から見える“評価額” (1/3ページ)

2014.6.2 06:35

【漢江経済リポート】

 サムスンの寄付は150億ウォン(約15億円)、指名手配犯の報奨金は5億ウォン(約5000万円)-。300人以上の死者・行方不明者を出して韓国水難史上最悪レベルといわれる旅客船「セウォル号」沈没事故。この惨事に絡んでは、救助や船体引き揚げ費用、被害者補償から、逃亡中の船舶運航会社実質オーナーに対する報奨金や財閥の寄付金に至るまで、次から次へとお金の話が飛び出す。その金額からは韓国社会が持つ価値観が見えてくる。

 寄付少額なら「ケチ」

 今回の事故では、財閥企業各社から犠牲者遺族支援の寄付が相次いでいる。サムスングループは150億ウォン、現代自動車グループは100億ウォン、SKグループは80億ウォン-などだ。

 寄付は本来、善意の表れなのだが、韓国では時として金持ちの義務となる。過去の災害でも有名人らに巨額寄付を出す流れができると、寄付しない者は逆に「ケチだ」と批判にさらされてきた。今回の財閥の寄付についても、企業に「ケチ」のマイナスイメージが付かないようにする必須の支出でもある。

検察は兪容疑者に5億ウォンの報奨金をかけて行方を追っている

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。