再増税延期方針 官邸と財務省、景気弾力条項でさや当て

2014.11.14 05:11

 安倍晋三首相が消費税率10%への再引き上げを延期する方針を固めたことを受け、首相官邸と財務省がその法的裏付けとなる関連法案をめぐり、早くもさや当てを始めている。財務省は延期が繰り返される余地を残せば財政健全化や国債の信認に悪影響が出ると懸念。現行法にある「景気弾力条項」を削除したい考えだが、官邸側は政権運営が縛られると反発している。

 再増税の延期は、消費税増税を定めた社会保障・税一体改革関連法の附則18条が根拠となる。景気弾力条項と呼ばれる附則18条は、経済状況などを見て再増税を停止できると規定しており、安倍首相は景気動向の下振れ回避を優先するため適用する方針だ。

 これを受けて政府は、2017年4月に消費税率を10%に引き上げる内容の改正案を来年の通常国会に提出するが、焦点になるのは改正案にも附則18条と同様の景気弾力条項を設けるか否かだ。

 再増税のさらなる延期を避けたい財務省幹部は「附則18条の規定が改正案にもあれば、国民に不人気の増税は選挙のたびに先送りされる」として、17年4月には消費税率10%が導入されると国内外に明示する必要があると主張する。これに対し、首相側近の一人は「景気弾力条項がなければ、未曽有の大不況でも増税しなければならなくなる」と反発。現行法と同様の規定を盛り込みたい考えで、改正案の内容をめぐる財務省との攻防が激しさを増すのは必至だ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。