TPP承認案と関連法案を閣議決定 4月から審議開始

2016.3.8 10:11

 政府は8日、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の承認案と関連法案を閣議決定した。3月中旬にも衆参両院にそれぞれTPP特別委員会を設置。4月上旬から承認案と関連法案を一本化して審議し、今国会での成立を目指す。政府は早期にTPPの日本国内での承認を取り付け、他の加盟国の承認手続きに向け弾みをつけたい考えだ。

 関連法案は、畜産農家の赤字補(ほ)填(てん)割合の引き上げや地理的表示の保護、著作権保護などにかかわる計11法案。国会審議ではTPPの経済効果や農産物の関税撤廃が国内農家に与える影響などを本格的に議論する。

 TPPは、太平洋周辺地域の12カ国が貿易や投資の自由化に加え、金融サービスや知的財産などのルールを決める包括的な経済連携協定。発効すれば、日本は輸入関税に関し農林水産物や工業品を合わせた貿易額ベースで95%を撤廃する。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。