リニアの経済効果最大化 国交省、駅周辺整備など年度内に調査開始 (1/2ページ)

2016.10.25 06:23


【拡大】

  • JR東海が試験を行っているリニア中央新幹線の車両=6月、山梨県都留市(高木桂一撮影)

 国土交通省は24日、リニア中央新幹線の全線開業前倒しに向け、経済効果などを高めるインフラ整備や制度設計を目的とした調査プロジェクトを年度内に立ち上げることを決めた。リニア開業は移動時間の大幅短縮に伴う新たな人やモノの流れだけでなく、ライフスタイルそのものにも変革を起こす可能性があり、国交省は早期に青写真を示し、地方との意思統一も図っていく考えだ。

 年度内に関係自治体や有識者などから、要望や想定される経済効果などのヒアリングを実施。ヒアリングをたたき台に、検討すべき政策を検討するための有識者や自治体関係者、業界関係者などからなる検討会議を立ち上げる。来年度以降の調査費も確保する。

 プロジェクトが目指すのは、リニア効果を最大化するための“お膳立て”だ。たとえば、中間駅の建設が見込まれる神奈川県の相模原周辺は、リニアを利用すれば成田空港より中部国際空港の方が移動時間が短くなる。相模原は近接する圏央道を経由すれば日光に近く、前もって駅周辺にバスターミナル拠点を整備すれば、中部国際空港から訪日外国人旅行客を呼び込み、日光に誘客するルート形成が可能になる。

通勤圏が拡大することで、企業によってはオフィスを郊外に移転する経営判断も考えられる

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。