中国、アイフォーンの販売停止命令を取り消し

2017.3.27 19:30

 米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の「6」と「6プラス」が中国メーカーの製品のデザインに酷似し、特許権を侵害しているとして当局から販売停止を命じられた問題で、北京の知的財産権法院(裁判所)は27日までに、当局の命令を取り消す判決を言い渡した。国営通信、新華社が伝えた。

 北京市知的財産局は昨年5月、「佰利公司」(広東省深セン市)の訴えを認め、北京市内での販売停止を命令。アップル側が提訴していた。

 同裁判所は24日の判決で「知的財産権侵害に関し、十分な証拠がない」とした。司法判断が確定するまでアップルは販売を継続できる。知的財産局などは上訴するかどうか検討するとしている。(共同)

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。