【高論卓説】歪められた上海ユダヤ難民記念館 (1/2ページ)

森山博之氏
森山博之氏【拡大】

 ■偏見展示で消えた「命のビザ」の功績

 2014年2月に中国政府は9月3日を抗日戦争勝利記念日、12月13日を南京大虐殺犠牲者国家追悼日と制定した。15年9月3日には「中国人民抗日戦争・世界反ファシズム戦争勝利70周年」の記念式典が開催され、大規模な軍事パレードが開催されたのは記憶に新しい。ただ、70周年の記念行事に比べると、昨年そして今月3日の行事はあまりに印象が薄かった。この種の「記念行事」が盛大に行われないのは日中関係にとっては望ましいことでもある。

 しかし、抗日戦争勝利70周年の記念行事に合わせて改装された上海ユダヤ難民記念館は、その「改定」された展示内容にちょっと首をかしげざるを得ない部分がある。北京駐在時代の13年にも訪れたことがあるが、今夏改装後の記念館を再訪して展示内容が大幅に変わっていて驚いた。

 記念館は07年に開設され、70周年行事に間に合わせるべく15年に改装された。この展示内容が意図的に変更されたことに関しては、産経新聞(15年8月9日付)などごく一部のメディアが報じただけで、日本ではほとんど報じられていない。

 1943年に設置された上海ユダヤ人居住区は複雑な経緯で誕生している。所在地は中華民国の上海市楊樹浦地区(現在の中華人民共和国上海市虹口区)で、当時この場所を支配していたのは日本であり、そこに住んでいたのはユダヤ難民である。そして関連する資料を集めて展示してあるのがこの記念館である。

 30年代ナチス・ドイツによる反ユダヤ主義が激化すると、上海は当時世界で唯一残っていた無査証都市であったことから、行き場を失った多くのユダヤ難民が流入し、ピーク時には2万人以上いたといわれる。リトアニア領事の杉原千畝氏が日本通過のビザ(いわゆる命のビザ)を発給し日本経由で上海に逃れてきた難民も数多くいる。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。