【高論卓説】中国人旅行客の白タク利用急増 摘発が難しい理由とは… (1/3ページ)

混雑する関西空港の国際線到着ロビー=大阪府泉佐野市
混雑する関西空港の国際線到着ロビー=大阪府泉佐野市【拡大】

 今年6月に沖縄県警が白タク行為の容疑で、観光客の送迎を行った中国人の男2人を道路運送法違反の容疑で逮捕した。また10月31日には関西空港などで、無許可で客を乗せる白タク行為を行ったとして、中国人の男3人が大阪府警に逮捕されている。今月12日には羽田空港でも、同様の白タク行為に対する取り締まりが実施されている。白タク行為とは、事業用旅客運送の免許を持たない白ナンバーの車両で事業運送を行うことで、違法である。中国語では白タクは「黒車(ヘイチャー)」と呼ばれており、文字通りブラックな行為だ。

 このような「白タク」が日本各地の空港や観光地で増えており、各地の警察が取り締まりに乗り出しているが、配車の手配から料金の決済までスマートフォンのアプリで完結してしまうため、はた目から違法行為と判断しにくく、摘発するのは難しいようだ。

 日本政府観光局(JNTO)によると2017年の1~11月の訪日外国人観光客の数は2616万人(前年同期比19.0%増)で、中国人は679万人(14.2%増)となっており、昨年同様全体の約4分の1を占めている。観光庁の7~9月の訪日外国人の消費動向調査によると、1人当たりの旅行中支出額は中国人が19万5808円で上位を占めている。外務省によると中国人への16年の個人観光ビザの発給件数は162万6813件(前年比44.5%増)で、数次ビザの発給数も30万6376件(96.6%増)と、個人旅行者の比率が増える傾向にある。

スマホアプリのサービスは「料金が元建て」