米与野党が予算協議で合意 2年間の歳出引き上げ、政府閉鎖回避へ前進

 米議会上院の与野党執行部は7日、連邦政府の2018会計年度と19会計年度の予算協議で合意した。国防費を含む歳出上限を2年間の合計で約3千億ドル(32兆7千億円)引き上げる内容。難航していた予算協議がまとまったことで、8日を期限とする現行のつなぎ予算が失効し、政府機関が一部閉鎖に追い込まれる事態を回避できる可能性が出てきた。(ワシントン 塩原永久)