【クルマ人】“日本人専用”で復活したハリアー 「車離れ」若者らにアピール (2/5ページ)

2013.12.2 06:00

トヨタ自動車の3代目「ハリアー」(トヨタ自動車提供)

トヨタ自動車の3代目「ハリアー」(トヨタ自動車提供)【拡大】

  • トヨタが12月2日から発売する新型「ハリアー」。国内専用車として、復活を遂げた
  • 初代の「ハリアー」

 --国内専用車としてこだわった点は

 「自分自身としては、小型車(5ナンバー)枠の4700ミリまでに全長を収めたかった。ただ、デザイナーが、1ミリでも2ミリでも、もう少し長さを出せば、絶対格好良くなるといわれ、1カ月仕事をとめた。結局、4720ミリとなったが、振り返ればやってよかった。ただ、最小回転半径を5.3メートルを実現しながらも、後部のひざ前空間を47ミリ拡大するなど、取り回しやすさとゆとりのある室内空間は両立させた」

 --ターゲット層は

 「車のコンセプトは20~30代の独身と、30代のファッションにこだわる女性。2代目までの購入者のうち、27%が20代だった。多くの若者を取り込む車種との位置づけは変えていない。価格も280万円からとしたのは、少し背伸びすれば買える高級車として、車離れが進むといわれる若者に、乗ってほしいからだ」

「50代のやんちゃな“ちょいワルおやじ”に乗ってもらいたい」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。