【クルマ人】“日本人専用”で復活したハリアー 「車離れ」若者らにアピール (3/5ページ)

2013.12.2 06:00

トヨタ自動車の3代目「ハリアー」(トヨタ自動車提供)

トヨタ自動車の3代目「ハリアー」(トヨタ自動車提供)【拡大】

  • トヨタが12月2日から発売する新型「ハリアー」。国内専用車として、復活を遂げた
  • 初代の「ハリアー」

 「ハイブリッド車については、50代のやんちゃな“ちょいワルおやじ”に乗ってもらいたい。とはいえ、とにかく、ずっとハリアーが欲しいと、待っていただいた客に乗ってもらう。ミニバンに流れた顧客も呼び込みたい」

 --開発コンセプトは

 「『ちょっと着崩したフォーマル』と定義して開発した。『高級』『進化』『新規』をテーマに高級クロスオーバーSUVとして大きな進化を遂げた。どこにでも乗っていける車だ」

 --競合車種は?

 「まずは、指名買いしてくれた旧型ハリアーの顧客をいかに取り込めるかが重要だ。ただ、静粛性は日産自動車の『ムラーノ』、走りについてはマツダの『CX-7』を念頭に置いた」

止まっているのに今にも動き出しそうなデザイン

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。