新型掃除機、熾烈な“吸引対決” ハイブリッド、パワー、ロボット…主流は? (2/4ページ)

2013.12.2 06:00

パナソニックが10月に発売したハイブリッド掃除機。コードの届かない場所でも使用できる

パナソニックが10月に発売したハイブリッド掃除機。コードの届かない場所でも使用できる【拡大】

 そこでパナソニックは、しっかり掃除したいときはコード式で、コードが届かないか電源がない場所ではコードレスで使えるという「いいとこ取り」の掃除機を企画した。

 スマホも充電できる

 商品化での最大のハードルは電池だが、この分野はパナソニックに強みがある。パワーが求められる電機工具や持続力が求められる電気自転車など、各種用途向けリチウムイオン電池を製造してきただけに、掃除機に最適なパワーと持続力を両立させた電池の開発に成功した。

 この電池は業界最高電圧を実現。また電池本数が、これまで主流だったニッケル水素電池の約3分の1でまかなえるため、従来のコード式掃除機よりも200グラムの軽量化と全長で約58ミリの小型化を可能にした。

1回の充電で15~20分使用でき、1500回まで充電可能な耐久性も備える

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。