新型掃除機、熾烈な“吸引対決” ハイブリッド、パワー、ロボット…主流は? (4/4ページ)

2013.12.2 06:00

パナソニックが10月に発売したハイブリッド掃除機。コードの届かない場所でも使用できる

パナソニックが10月に発売したハイブリッド掃除機。コードの届かない場所でも使用できる【拡大】

 スウェーデンのエレクトロラックスが手がけるコードレス掃除機は、電池搭載部分を取り外し、ハンディ掃除機として使える。操作性を向上させた新商品を10月、世界に先駆け日本で発売した。

 ロボット型では、シャープが会話のできる掃除機「ココロボ」を展開。標準語のほか、関西弁や英語、中国語にも対応した新モデルを12月に発売する。スマホでの遠隔操作もできる。

 パナソニックのハイブリッド掃除機は店頭価格10万円前後と、決して安くはない。だが海外勢との激しい競争下で、掃除機市場はライバルがひしめき合っている。消費者の購入欲を一番「吸い寄せる」のは、どの製品か-。(藤原直樹)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。