新型掃除機、熾烈な“吸引対決” ハイブリッド、パワー、ロボット…主流は? (3/4ページ)

2013.12.2 06:00

パナソニックが10月に発売したハイブリッド掃除機。コードの届かない場所でも使用できる

パナソニックが10月に発売したハイブリッド掃除機。コードの届かない場所でも使用できる【拡大】

 充電は本体ごとでも電池のみでも可能。1回の充電で15~20分使用でき、1500回まで充電可能な耐久性も備える。吸い込みノズルも改良し、コードレスでもコード式同等の吸引力を発揮する。

 また電池にはUSBポートが搭載され、スマートフォン(高機能携帯電話)などの充電が可。災害時などの非常用電源機能もある。

 消費者を吸い寄せろ

 パナソニックが自信を持って送り出したハイブリッド掃除機だが、外資系を中心としたライバルたちが次々と新商品を展開中だ。

 ダイソンは一般的なコード付き掃除機より優れた吸引力を発揮するコードレスタイプを9月に発売。従来モデルの1・5倍のパワーがある新型モーターを搭載した。

掃除機市場はライバルがひしめき合っている

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。