トヨタHV「アクア」一部改良 カラー追加など販売てこ入れ (1/2ページ)

2014.12.9 05:00

 トヨタ自動車は8日、主力の小型ハイブリッド車(HV)「アクア」を一部改良して発売した。内外装のカラーを追加したほか、スポーツ用多目的車(SUV)風の味付けを加えた新グレード「X-URBAN(エックスアーバン)」を設定。より個性的な一台を求める顧客にアピールして、消費税増税後の需要低迷で伸び悩む販売をてこ入れしたい考えだ。

 カラーは外装が14色、内装が7色で、X-URBANの専用色も加えて計174通りのバリエーションを設定。「自分だけのアクアを選べる」とアピールしている。新設定したX-URBANは専用サスペンションで最低地上高を2センチ引き上げたほか、専用の外装デザインを用いて活動的なイメージを表現した。

 一部改良に伴い、価格はベースグレードで1万2810円引き上げている。

昨年11月の一部改良で燃費世界一を獲得

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。