“原発王国”関電のプライド「当社はパイオニアだ」 廃炉時代に模索続く (2/5ページ)

2015.4.4 17:10

美浜1号機の試送電の成功を伝える大阪万博会場の電光掲示板=昭和45年8月8日(関西電力提供)

美浜1号機の試送電の成功を伝える大阪万博会場の電光掲示板=昭和45年8月8日(関西電力提供)【拡大】

  • 関西電力が廃炉を決定した美浜原発の1号機と2号機(手前から)=福井県美浜町

 関電初の原発となる美浜1号機の運転開始に至る道のりは、今も関電の語りぐさだ。後に“12人の侍”と呼ばれる若手技術者たちが渡米し、原発の運転方法や理論を習得。帰国後、社員にスパルタ教育を施して理論を叩き込み、また独自に日本語版のテキストをつくって技術を伝えた。一からの手作りで日本の原子力発電の黎明期を支えたことは、確かにパイオニアの名にふさわしい。

 “強さ”の源泉

 美浜1号機は45年8月、大阪万博の会場へ送電に成功。11月には東京電力の福島第1原発との先陣争いを制し、営業運転を始めた。原子力専業の日本原子力発電を除くと、国内電力会社初の原発。その後、関電は高浜、大飯(ともに福井県)と原発を新設し、販売電力量の約半分を原発でまかなう体制を構築した。

 原発が生み出す低コストの電気は、関電の競争力の源だった。東日本大震災前の電気料金は、全国でほぼ最低水準。大口顧客向けで始まっている電力小売りの自由化でも武器となるはずだった。

「手を抜いたら関電に取られてしまうという恐怖感があった」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。