“原発王国”関電のプライド「当社はパイオニアだ」 廃炉時代に模索続く (5/5ページ)

2015.4.4 17:10

美浜1号機の試送電の成功を伝える大阪万博会場の電光掲示板=昭和45年8月8日(関西電力提供)

美浜1号機の試送電の成功を伝える大阪万博会場の電光掲示板=昭和45年8月8日(関西電力提供)【拡大】

  • 関西電力が廃炉を決定した美浜原発の1号機と2号機(手前から)=福井県美浜町

 また、原発の規制基準は年を経るごとに厳しくなるとみられ、安全対策費が増加を続けるとの見方もある。「関電といえども、原発だけには頼れなくなるのでは」(証券アナリスト)との声も上がる。

 一方、国内原発の稼働ゼロは、火力発電用の燃料費の増大や貿易収支の赤字、さらには電気料金の上昇を招いていることも見過ごせない事実だ。「廃炉時代」の戦略を求め、原発王国の模索は続く。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。