なぜ?アップルウオッチ急失速 1日20万本→2千本…予想外の不人気ぶり (2/8ページ)

2015.8.2 07:05

  • 鳴り物入りで市場に登場したアップルウォッチだが、当初の予想に反し、爆発ヒットには至っていない…(AP)

 スマートフォン(高機能携帯電話)やタブレット型端末とともに将来最有望とされるウエアラブル端末。実際、米大手調査会社IDCが6月18日、今年、全世界で出荷されるであろうウエアラブル端末は昨年の約2・7倍にあたる7210万台で、2019年にはこれがさらに1億5570万台に急増するとの予想を発表するなど、その人気は急速に高まっています。

 そんなウエアラブル端末の市場を牽引(けんいん)する象徴的な存在がアップルウオッチとあって、昨年9月にその存在が公にされるやいなや、全世界で爆発ヒット間違いなしと騒がれました。

 さらに、携帯型のデジタル音楽プレーヤー「iPod(アイポッド)」やアイフォーンといった革命的なIT機器を世に送り出したアップルの伝説的な創業者兼会長、故スティーブ・ジョブズ氏からバトンを受けたティム・クック最高経営責任者(CEO、54歳)が初めて世に出す新カテゴリーの製品とあって、一般消費者だけでなく、業界からも熱い視線が投げかけられてきました。

 確かに、そうした期待通り発売当初は大変な話題となり、日本を含む全世界で購入者が殺到しました。ところが、7月7日付米経済系ニュースサイト、インターナショナル・ビジネス・タイムズ(IBT)や同月10日付英紙インディペンデント(電子版)などが、米調査会社スライス・インテリジェンスの調査結果を基に報じたところによると、アップルのお膝元である米国で、人気が急落していることが判明したのです。

5月に入ると1日に約2万本とピーク時の何と約90%減に。さらに…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。