なぜ?アップルウオッチ急失速 1日20万本→2千本…予想外の不人気ぶり (6/8ページ)

2015.8.2 07:05

  • 鳴り物入りで市場に登場したアップルウォッチだが、当初の予想に反し、爆発ヒットには至っていない…(AP)

 そうした状況のなか、アップル製品の内部情報などを報じる専門サイト、マックルーモアズやアップルインサイダーは7月18日、今年の第3四半期(4月~6月末)に全世界で売れたアップルウオッチは390万本だったと明かし、次の四半期では550万台を売り、今年の年末までに1500万本を売る計画だと報じました。

 さらにテコ入れ策として、年内に、最も売れているスポーツタイプにイエローやローズゴールドのタイプを加えるとも報じました。

 ちなみに当のアップルは、これまでアップルウオッチの販売台数に関しては一切公表しておらず、一連の“実は売れてません報道”に関しても沈黙を守り続けていましたが、多くの人は7月21日の第3四半期の決算発表ではさすがに何か数字を出すだろうと予想していました。

 ところが21日付ロイター通信などによると、この決算発表の場でも「iPhone(アイフォーン)」や「iPad(アイパッド)」の販売台数などは発表したのに、アップルウオッチの具体的な販売台数は結局、明かさず。

「アップルウオッチには巨大な可能性があると信じている」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。