なぜ?アップルウオッチ急失速 1日20万本→2千本…予想外の不人気ぶり (8/8ページ)

2015.8.2 07:05

  • 鳴り物入りで市場に登場したアップルウォッチだが、当初の予想に反し、爆発ヒットには至っていない…(AP)

 ひとつは、アップルウオッチを着けた中国人女性2人組がベルリンを旅するもの。もうひとつはこれの逆バージョンで、アップルウオッチを着けたドイツ人女性2人組が北京を旅するもので、もうひとつはアップルウオッチを着けてフィットネスに精を出す人々が題材ですが、こちらも出演しているのはほとんど女性です。

 このフォーチュン誌は、米大手リサーチ会社NPDグループの調査結果を引用し、スマートウオッチの所有者の71%は男性であり、女性の所有者は男性よりも多くのお金をかけてスマートウオッチに多くのアプリ(ソフト)をダウンロードしたがっていると指摘し、アップルウオッチが成功するかどうかは女性とアプリの多様化にかかっているとの論調で報じました。

 つまり、アップルウオッチの人気を爆発させるには、女性がうっとりするようなファッショナブルなフォルムや、説明不要&単純明快な操作機能、そして多種多様なアプリが不可欠なわけですが、これらのいずれもがいまのアップルウオッチには完全に欠けています。今後のアップルの巻き返し策に注目したいですね。

 ◇

 【プロフィル】岡田敏一(おかだ・としかず) 1988年入社。社会部、経済部、京都総局、ロサンゼルス支局長、東京文化部などを経て現在、編集企画室SANKEI EXPRESS(サンケイエクスプレス)担当。ロック音楽とハリウッド映画の専門家。京都市在住。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。