なぜ?アップルウオッチ急失速 1日20万本→2千本…予想外の不人気ぶり (7/8ページ)

2015.8.2 07:05

  • 鳴り物入りで市場に登場したアップルウォッチだが、当初の予想に反し、爆発ヒットには至っていない…(AP)

 会見に登場したティム・クックCEOは、アップルウオッチの好調ぶりを表すデータを示しながら、前述の米での販売急落報道を否定。6月には最高の販売台数を記録したと明言し「アップルウオッチには巨大な可能性があると信じている」と訴えましたが、具体的な数字がないこの説明を額面通りに受け止めた人は少なかったようです。

「好調」のはずが…急遽、「中国」+「女性」で新CMを展開

 実際、7月23日付米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は「当初、アナリストによる4月~6月末のアップルウオッチの販売台数予想は300~500万台だったが、(21日に)不透明な収益報告書が発表された後、150~300万台と大幅に下方修正された」と報じました。

 そして、当のアップルもこの新製品が女性に不人気であることを十分自覚しているフシがあります。

 7月22日付米経済紙フォーチュン(電子版)によると、アップルは7月16日から、女性にターゲットを絞った新しいアップルウオッチのCM展開をスタートさせたのです。

アップルウオッチが成功するかどうかは女性とアプリの多様化に…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。