自家製どぶろくや地酒通販 SAKE REVOLUTION、17年から

2016.8.2 05:00

店内にある醸造設備と宮井代表=東京都千代田区
店内にある醸造設備と宮井代表=東京都千代田区【拡大】

 日本酒の醸造所を併設するパブ「にほんしゅ ほたる」(東京都千代田区)を運営するSAKE REVOLUTION(同中央区)は2017年から、自家製の「純米大吟醸どぶろく」と全国の地酒の通販・輸出事業に乗り出す。

 日本各地でどぶろくが造られているが、その多くは構造改革特区の制度を利用したもので、農業者自らが生産するコメを原料とし、自ら運営する農家レストラン内で消費する。これに対し「にほんしゅ ほたる」のどぶろくは、特区を利用しない通常の製造免許によるもの。使用する原料米に制約がなく、外販も可能だ。

 自家製どぶろくの外販に当たっては充填(じゅうてん)設備を導入。また、外部から購入している麹についても自社で製造する計画だ。日持ちさせるため、冷凍タイプの小売りも検討する。海外については、フィリピンを中心としたASEAN(東南アジア諸国連合)の日本レストランに売り込んでいく。

 運営会社の代表で、「にほんしゅ ほたる」の店主・杜氏(とうじ)でもある宮井敏臣氏は公認会計士。自家製どぶろくの本格提供は、このほど開始した。宮井氏は「蔵に行って飲むお酒が一番おいしい。都会の人たちが当店に足を運んで感動してほしい」と話している。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。