わいせつDVD露天vs大阪府警 「しばいてみいや!」「100年早いわ!」 (5/7ページ)

2015.10.4 17:07

あいりん地区の環境浄化に向けて、違法露店の一斉摘発に乗り出す捜査員ら=7月28日午前6時54分、大阪市西成区

あいりん地区の環境浄化に向けて、違法露店の一斉摘発に乗り出す捜査員ら=7月28日午前6時54分、大阪市西成区【拡大】

  • あいりん地区の環境浄化に向けて、違法露店の一斉摘発に乗り出す捜査員ら=7月28日午前6時53分、大阪市西成区
  • 違法露店の一斉摘発に乗り出した捜査員ら=7月28日午前6時38分、大阪市西成区
  • 違法露店の一斉摘発に乗り出す捜査員ら=7月28日午前6時48分、大阪市西成区

 事情に詳しい元露天商の男性は「(露天商は)コンビニとの話ができているのだろう。仕入れはそれほど難しくないはず。コンビニ側としても処分の手間が省けるメリットがあり、ダメと分かっていても渡してしまうのだと思う」と話す。

 過去には、覚醒剤や未承認の性的不能治療薬(バイアグラ)が堂々と陳列されていたケースもあったという。違法商品の販売が横行する中で、売り上げが反社会的勢力へ流れる恐れも懸念される。こうしたことも府警が警戒を強める背景にある。

 「特区構想」で取り締まり厳しく

 あいりん地区を管轄する西成署はこれまでも違法露店の営業には厳しく対処してきた。今回の現場は市立萩之茶屋小学校(閉校)の北側路上だったが、数年前までは南海新今宮駅から南に延びる市道が露店の“メーンストリート”だった。

 露店が最も多かったとされる平成22年末には、通りに沿うような形で約300軒が出店。事態を重く捉えた同署が粘り強く警告を出し続け、一時は“壊滅状態”まで追い込んだが、ほとぼりが冷めると舞い戻るケースが後を絶たなかった。

府警も特区構想が持ち上がって以降、地区の環境浄化へ改めて本腰を入れた

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。