意外に読まれる「痛いニュース」 使える情報源ランキング【前編】 (5/5ページ)

2012.12.20 07:00

2位に挙がったのは、「痛いニュース」。続く3位の「NAVERまとめ」、4位の「ニュース2ちゃんねる」も、ユーザー参加型のニュースサイトだ。この3サイトを同時に挙げている人が多く、「くだらないニュースも堅いニュースも多く、視点が面白いから」(その他業界/技能工)、「意外な情報を得られることを期待して見る」(その他業界/運輸、配送、倉庫関連)、「サブカルチャーの内容が多く、仕事上知っておくべきことが書かれているので見ています」(IT・通信系/インターネット関連)、「新聞は購読しているが、上記サイトでは新聞には載っていないような記事や意見を読むことができるから」(サービス系/その他職種)と、一般のニュースサイトや新聞などとは違う視点を得られる情報源として、地位を確立し始めている。

なお、6位の「ITmedia」は、エンジニアの高い支持を集めた。「専門性と網羅性を兼ね備えた構成」(IT・通信系/運用、監視、テクニカルサポート、保持)、「ITについて、先端の情報が集まっている」(IT・通信系/Web・オープン系システム開発)、「知りたい情報を検索すると、このサイトに飛ぶことが多い」(IT・通信系/Web・オープン系システム開発)との意見が多かった。

(リクナビNEXT/2012年11月21日)

リクナビNEXTが「今すぐの転職」「いつかの転職」に役立つポイント

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5000円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!