基礎年金の水準低下、30代以下の世代にダメージ 年金財政検証 (2/5ページ)

2014.6.8 08:38

 検証結果では、今年36歳になる世代が年金を受け取り始める平成55年度に所得代替率は50・6%(経済が標準的に成長するケース)で下げ止まる。だが、基礎年金の所得代替率は26%。5年前から「基礎年金の水準が低い」との指摘はあったが、さらに割り込んだ。現在の生活水準に照らすと、満額で1人月額4・5万円(現在は6・5万円)を意味する。実際に受け取る際には物価や賃金の上昇を反映するため、額面はもっと高くなる。だが、物価も賃金も今の水準にみなすと、この数値。基礎年金だけで暮らす世帯を考えると、ダメージが大きい。

 基礎年金の水準低下は5年前の財政検証の際に兆しがあったが、改革は手つかずになった。痛みを伴う改革を、厚労省も政治家も国民も回避したかったことが大きい。

 若い世代の年金にダメージが出たのと裏腹に、今年65歳を迎える世代の年金水準は62・7%となった。この数値は、実は5年前の年金水準よりも高い。現役世代の賃金に対する年金の価値が5年前よりも高くなったことを意味する。デフレ下で賃金が低下する一方で、年金は賃金ほど下がらなかったためだ。

 現役世代が減る中、保険料負担が過大になることから、年金は水準を抑制する方向。だが、現実には上昇したもので、年金部会の委員からは「高止まりした給付水準を早く見直してほしい」と注文がついた。

改革案、改善見込めるが実現は不透明

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!