2度の希少がんを経験 「なんでも鑑定団」の安河内眞美さん (2/4ページ)

2014.6.29 07:55

 手術は11年6月です。事前説明ではステージ4との診断で、立ち会った友人たちはドキッとしたそうです。私はベストチョイスをしたと思っていたし、「手術にはちょうどいい時期だね」と、軽い感じで医師から言われ、シリアスにならずに済みました。肝臓は半分ほどの切除でしたが、周囲への浸潤もリンパ節転移もなく、1カ月もしないで退院。数回は名古屋で検査し、東京のがん専門病院での経過観察になりました。

 肝内胆管がんから5年目、16年2月に首の付け根のリンパ節が腫れた。翌3月はがん専門病院での定期検診というタイミングで、検診で症状を話し、2週間後に血液内科でATLと。2度目のがんだけど、同じじゃない。今度は「余命1年で、治る病気じゃない」と説明された。

 このときも別の友人がインターネットでATLの治療実績がある鹿児島県の病院を探してくれた。ATLって九州出身者に多いウイルス性白血病で、感染者の1千人に1人が発病する。受診したら治療は骨髄移植、方法も2種類あると分かった。長期入院で家族の看護もいるからと、九州がんセンター(福岡市)を紹介されました。入院は6月で、骨髄移植のドナー(提供者)は白血球型が一致した兄、移植方法は「ミニ移植」でした。

人混みでは感染症予防にマスク

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。