増税先送りで暮らしどうなる 子育て支援に影響か… 車、住宅は? (3/4ページ)

2014.11.23 17:03

子育て支援策には、消費再増税による増収分を充てる予定だった。保育所定員増などの準備を進める自治体の間では戸惑いも(本文と関係ありません)

子育て支援策には、消費再増税による増収分を充てる予定だった。保育所定員増などの準備を進める自治体の間では戸惑いも(本文と関係ありません)【拡大】

 コンパッソ税理士法人グループの白井輝次税理士は「再増税に連動して自動車取得税は廃止される予定だった。先送りされたら、廃止も延期というのが常識的な線だろう」とみている。

 再増税に伴い実施予定だった政策の一つは、住宅を購入した人を対象とする現金給付制度「すまい給付金」の拡充策だ。税負担増の軽減を目的として、税率が8%に引き上げられた今年4月に導入され、住宅購入者は収入に応じて最大30万円を受給できる。

 受給するには住宅ローン減税の適用を受けるための確定申告とは別に申請手続きが必要で、手間はかかるものの制度を利用した住宅購入者は少なくない。税率10%への再増税時には受給額を同50万円に増やすなど拡充される予定だったが、再増税が先送りされると拡充も延期となりそうだ。

 ただ、給付金があっても税負担に追いつかないのが実情で、住宅業界では特定の品目の税率を下げる軽減税率の導入を求める声が根強くある。

【一覧】消費税率10%への引き上げを前提としていた主な政策

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。