アニソンライブ急成長も…首都圏は会場不足? 閉鎖など相次ぎ、歌手ら懸念 (2/5ページ)

2016.5.3 07:07

東京ドームでのファイナルライブに立つμ’s(主催者提供写真)(C)2013 プロジェクトラブライブ!

東京ドームでのファイナルライブに立つμ’s(主催者提供写真)(C)2013 プロジェクトラブライブ!【拡大】

  • 曲にあわせてペンライトがいっせいにオレンジ色に切り替わったμ’sのライブ主催者提供写真(C)2013 プロジェクトラブライブ!
  • アニメロサマーライブ2016に出演するアーティストたち
  • 世界各地のアニソン好きが羽田空港に集まりパフォーマンスを繰り広げた
  • 首都圏の劇場やホールが相次ぎ閉鎖される問題を訴える影山ヒロノブさん(右)ら

 アニソンのイベントは尽きない。4月9日と10日には、同じ東京ドームでアニソン界の歌姫、水樹奈々さんが単独ライブを開催。夏にはさいたまスーパーアリーナで、アニソンのフェスティバルとしては世界最大級となる「アニメロサマーライブ2016」が8月26日から28日まで、3日間にわたって開催される。

 3月26日にアニメの展示会「AnimeJapan 2016」で行われた会見では、「刻-TOKI-」というテーマと出演アーティストが発表された。μ’sのメンバーでもある三森すずこさんや、男性声優として人気急上昇中の蒼井翔太さんらが登壇して、12回目を迎えるアニソン界屈指のビッグイベントに臨む意気込みを表明した。3日間で8万人を超える観客が、疲れを知らず何時間にも及ぶステージを応援し続ける様子は、アニソンが持つ強い吸引力を見せてくれる。

 アニソンの人気は海外にも広がっている。3月12日と13日に東京国際空港(羽田空港)の国際線旅客ターミナルで繰り広げられた「ハネダインターナショナルアニメミュージックフェスティバル」には、スペインやオーストラリア、ドイツ、イタリアといった地域でアニソンを歌い、アニメキャラに扮するコスプレを行うアーティストが、“聖地”とも言える日本に来てパフォーマンスを繰り広げた。

劇場アニメ「空の境界」やテレビアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」といった…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。