アニソンライブ急成長も…首都圏は会場不足? 閉鎖など相次ぎ、歌手ら懸念 (5/5ページ)

2016.5.3 07:07

東京ドームでのファイナルライブに立つμ’s(主催者提供写真)(C)2013 プロジェクトラブライブ!

東京ドームでのファイナルライブに立つμ’s(主催者提供写真)(C)2013 プロジェクトラブライブ!【拡大】

  • 曲にあわせてペンライトがいっせいにオレンジ色に切り替わったμ’sのライブ主催者提供写真(C)2013 プロジェクトラブライブ!
  • アニメロサマーライブ2016に出演するアーティストたち
  • 世界各地のアニソン好きが羽田空港に集まりパフォーマンスを繰り広げた
  • 首都圏の劇場やホールが相次ぎ閉鎖される問題を訴える影山ヒロノブさん(右)ら

 「僕だけではなく、ほとんどのミュージシャンがステージの上で音楽を演奏してファンを元気にハッピーにすることが1番の使命と思っているだろう」と、人前で実演するライブの大切さを話した影山さん。「ストレスの多い現代社会で、どれだけアーティストたちのライブが社会の元気に直結しているか。そのためにも巨大都市・東京にはたくさんのライブ会場となり得る施設が必要だ」。

 地方を回って公演すれば済むのでは、といった指摘もあるが、これについてサカナクションの山口さんが「地方はツアーのスタッフごと行くため経済的に負担がかかる。だから関東での収益を主にして地方での公演をしていく。そこが不足すると地方にも行けなくなる」と、人口の多い巨大市場の首都圏でライブを開く必要性を訴えた。

 2020年の東京オリンピック/パラリンピックに向けて増える訪日外国人にも見てもらいたいアニソンのライブやイベントが、開きたくても開けないのは、インバウンドに新しい市場を見いだす日本政府にとっても支障となる。施設の建設には時間も費用もかかるため、対策への早急な決断が必要になっている。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。