サイトマップ RSS

【軍事情勢】米印も日印も対中同盟を結べぬワケ (1/5ページ)

2013.9.22 00:08

 インド訪問中の茂木(もてぎ)敏充経済産業相(57)は9月12日、両国によるエネルギー資源の共同開発で合意した。経済だけでなく外交・安全保障分野における両国の接近も近年目覚ましい。軍事拡大をひた走る中国を睨んでの戦略でもある。しかし安全保障面で、インドはどこか煮え切らない。

 見え難いハラ

 3月に高誼(こうぎ)を得た将軍を含む退役・現役の印軍高級将校・研究者は中国軍膨張を一様に警戒し、外交・安全保障、経済上の日印連携を口にした。「遠交近攻戦略で、共に中国の野望を挫(くじ)こう」との意見も聴けた。米国大使館や在日米海軍司令部からも海軍中佐が参加していて、印側と熱心に情報交換していた。友好関係にあっても当然ハラの探り合いになる。もっともインドのハラは、アジア諸国を睥睨(へいげい)・恫喝(どうかつ)する中国のハラよりある意味で見え難(にく)い。従って、専門家の分析も色取り取りだ。

 カナダの軍事専門誌・漢和防衛評論の平可夫編集長は今夏《インドは米国製兵器を続々導入。冷戦期間中もその後もなかった史上初の事態》だと自誌で総括した。米国はインドの仮想敵《パキスタンへの主要な兵器供給国で警戒心が強かった》ためだ。だが、今や米国の対印武器輸出は《インドをして米国を、米国をしてインドを、互いに中国包囲網に引き込んだ》。

三角外交での中国優位

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ