サイトマップ RSS

タイ反政府デモ「民主主義の後退」 国内外から厳しい視線 (1/4ページ)

2013.12.17 10:00

タイの政治対立の構図=2013年12月8日現在、※タクシン・シナワット元首相、インラック・シナワット首相、アピシット・ウェーチャチーワ前首相、ステープ・トゥアックスバン元首相

タイの政治対立の構図=2013年12月8日現在、※タクシン・シナワット元首相、インラック・シナワット首相、アピシット・ウェーチャチーワ前首相、ステープ・トゥアックスバン元首相【拡大】

  • タイ・首都バンコク市街

 【国際情勢分析】

 タイ国外に逃亡中のタクシン・シナワット元首相(64)を帰国に導く恩赦法の審議を機に11月に始まった反政府デモは現在も続き、今後の情勢は見通せない。だが、タクシン氏の妹、インラック・シナワット首相(46)が12月9日、下院を解散、来年2月の総選挙実施を宣言したことで、引き続き首相の辞任を求めて総選挙を受け入れないデモ隊の主導者、野党民主党のステープ・トゥアクスバン元副首相(64)の姿勢に対し、国内外から厳しい視線が寄せられ始めた。

 「利権のための闘争」

 米紙ウォールストリート・ジャーナル(アジア版)は12月10日付社説で、首相の下院解散を「分別のある行動だ」と評価した。社説は、民主党の下院議員約150人が(12月)8日、デモに合流するために辞職したことを「立憲民主制における衝撃的な展開」と表現した。また、首相は法的には残る議員の支持だけでも政権を維持できたとした上で、解散を選んだ判断を「責任ある方向を選んだ」とたたえた。

ステープ氏が国王による新首相の任命と反タクシン派主導の暫定政府「人民評議会」の設置要求

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ