サイトマップ RSS

「北極の首都」目指すムルマンスク (1/4ページ)

2014.1.29 11:05

つかの間の薄明に照らされるムルマンスク港と市街。人口流出と経済低迷に悩んだ「極夜」の町は、海氷の減少によって一転、熱気が漂う港町に変身した=2013年12月9日、ロシア・ムルマンスク州ムルマンスク市(遠藤良介撮影)

つかの間の薄明に照らされるムルマンスク港と市街。人口流出と経済低迷に悩んだ「極夜」の町は、海氷の減少によって一転、熱気が漂う港町に変身した=2013年12月9日、ロシア・ムルマンスク州ムルマンスク市(遠藤良介撮影)【拡大】

  • ロシア・ムルマンスク州ムルマンスク市

 【国際情勢分析】

 地球温暖化による海氷減少に伴い、冷たい北極の海に世界が熱い視線を注いでいる。中でも資源開発や北極海航路の整備、軍事的存在感の確保へと、政権の号令で最も活発な動きを見せている沿岸国がロシアだ。北極圏では貴重な不凍港を擁する北西部のムルマンスク市(人口約30万人)を昨年(2013年)12月に訪れ、「北極の首都を目指す」との地元の意気込みを垣間見た。

 海氷減少で一躍脚光

 1月上旬までの約40日間は太陽が全く昇らず、日中の数時間だけ薄明が訪れる「極夜」のムルマンスク。かつて人々をこの地につなぎ止めていた“極地特典”の多くがソ連崩壊でなくなり、人口流出と経済低迷に悩んだ。それが一転、ムルマンスクが脚光を浴びるようになったのは、海氷減少で北極海の大陸棚開発や航行が比較的容易になったからにほかならない。

北極海航路の「西玄関」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ